このたびの「令和6年能登半島地震」により被害にあわれた皆様に謹んでお見舞い申しあげますとともに、
被災地の一日も早い復旧を、心よりお祈り申しあげます。

ハイエースのキャンピングカーで後悔する5つの理由とは?対処法も解説

公開日 2023.08.15
更新日 2023.11.30
ハイエースのキャンピングカーで後悔する5つの理由とは?対処法も解説

ハイエースベースのキャンピングカーオーナーのなかには、後悔している方もいるのではないでしょうか。扱いやすいボディサイズで高い人気を誇りますが、実際に使い始めて初めて気づく不満点も多いでしょう。「こんなにストレスを感じるとは思わなかった」と乗り換えに気持ちが揺らいでいる方も少なくないはずです。そこでこの記事では、ハイエースのキャンピングカーでどのような点が後悔につながるのかを解説します。さらに解決方法も紹介するため、ぜひ最後までご覧ください。

バンコンと呼ばれるハイエースがベースのキャンピングカーとは

バンコンと呼ばれるハイエースがベースのキャンピングカーとは
▲セカンドハウス・グレイスプレミアム

ハイエースベースのキャンピングカーは、アウトドアや車中泊だけではなく、普段使いにも役立ちます。ベース車輌のハイエースは広大なスペースをもっており、少人数からファミリーユースまで快適に使えるほか、キャンピングカーとして架装がしやすい点も評価されています。

また、レイアウトのバリエーションが豊富で、シートをフルフラット化してベッド仕様に変えられたり、2列目・3列目で対面ダイネットにできたりと自分好みの一台を探せるのは、ハイエースベースのキャンピングカーならではです。

加えて、ハイエースにはナローボディ標準ルーフ・ナローボディハイルーフ・ワイドボディミドルルーフ・ワイドボディハイルーフと4種類のボディタイプが用意されています。それぞれのボディタイプごとに、各ビルダーから魅力的なキャンピングカーが発売されており、選択肢が豊富でキャンピングカー市場の盛り上がりにも大きく貢献しているといえるでしょう。

ハイエースのキャンピングカーを購入して後悔した理由

ハイエースのキャンピングカーを購入して後悔した理由
▲トイファクトリー・バーデン インテリア

本格的なキャンピングカーのキャブコンよりも扱いやすく、軽キャンやタウンエースベースよりも快適性の高い絶妙なボディサイズが支持されているハイエースですが、使ってみてわかる不満点やストレスによって、購入後に後悔する方が意外と多いのが実態です。

ここからは、実際に購入してから後悔した理由を5つ紹介します。

室内高が低い

ハイエースは最も大きいハイルーフでも室内高が160cm程度しかなく、室内での移動は常に中腰になるため、ストレスに感じている方が多いといわれています。リアがソファに展開できるレイアウトの場合、ダイネットテーブルが大きく、脱着は特に力を入れなければならないため、体に負担がかかります。

また、自由にレイアウト変更できる一方で、パーツの組み替えに手間がかかり、いつの間にか内装が固定になってしまっている方も多いといわれています。。一般的なミニバンやSUVなどと比べれば室内高はあるものの、快適に移動したり自由に物を動かしたりはできず、長く使うほどに不満に感じてしまうようです。

ベッドスペースが狭い

常設ベッドは横向きの場合180cmが一般的なため、大人が足を伸ばしてゆったりとくつろげるほどのスペースは、どのモデルでも確保できていません。また、縦向きで広々とベッドスペースを取ろうとすると、ダイニングスペースがなくなってしまいます。

ギャレーや家具など、ほかの装備とスペースを共用しているため、どうしても限界が生じてしまいます。たとえハイルーフで高さが確保されていたとしても、就寝定員が乗車定員よりも少ない点は、購入を後悔する要因になりやすいといえるでしょう。

標準装備でエアコンがついていない

バンコン人気の高まりによって、ここ数年でエアコン関連の装備はかなり充実してきましたが、ほとんどのモデルではまだオプション扱いです。また、オプションで選ぶ場合、エアコン本体のほかにインバーターも必要なため、費用がかさんでしまいます。購入後に使う頻度とコストを比較して不要と判断する方は多く、特にスーパーロングワイドハイルーフ以外は、装着されていないのが当たり前の状況です。

エアコンがなくても扇風機や天井のマックスファンで換気をしながら過ごせますが、夏のキャンプ場やRVパークなどでの車中泊は快適とはいえません。ファミリーユースや友人同士など、車内で過ごす人数が多ければ多いほど、温度管理は重要といえます。利用頻度が多い方ほど「やはりつけておけばよかった」と後悔している方が多いようです。

トイレがないモデルが多い

バンコンでは、マルチルームやトイレがないのが一般的で、仮にあったとしてもキャブコンのようなカセット式トイレではなく、ポータブルトイレがメインです。オプション扱いのモデルが多く、旅先でまかなえると考えている方も多いですが、長い渋滞に巻き込まれたときや、郊外で休憩施設がなかなか見つからないときにはあると非常に便利な装備です。

また、夜間や悪天候時など、外に出るのを避けたい状況で車内にトイレがあると安心です。ただし、初期費用が高くなってしまったり、スペースが狭くなる点を気にする方も多く、バンコンでの普及率は高くありません。しかし、実際にトイレがないことに不満を抱いている方は多く、つけておけばよかったと後悔するケースは決して少なくないようです。

車輌価格が高い

車輌価格が高い
▲トイファクトリー・バーデン プライスボード

ハイエースベースのバンコンでも、ある程度装備をつけると1,000万円を超えるモデルは相当数あります。また、車中泊向けに仕上げられた標準ボディのモデルでも600万円ほどです。より快適性の高いキャブコンも十分に手が届く価格帯のため、高く感じるといわざるを得ません。

具体的にみてみると、快適性を高めるためにはベースであるハイエース本体の車輌価格に、ギャレーや家電、家具などの架装部分の費用が加わります。車輌価格をおさえたモデルもありますが、断熱性能をはじめ車内の快適性は劣る傾向です。長く乗るものと割り切り車輌価格の高いモデルを選んだものの、利用機会が想定よりも少ない方は、後悔につながりやすいといえるでしょう。

販売車輌

フィアット デュカト ローラーチーム リビングストーンKJ 200Ahリチウムイオンバッテリ

フィアット デュカト ローラーチーム リビングス...

車輌本体価格
1,088 .0 万円
支払総額
1,095 .1 万円
年式 2020(令和2)年
車検 2024(令和6)年9月
排気量 2300cc(D)
走行距離 1.2万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツそ他 スプリンター W906 216CDI

メルセデス・ベンツ メルセデス・ベンツそ他 スプ...

車輌本体価格
1,048 .0 万円
支払総額
1,055 .6 万円
年式 2018(平成30)年
車検 2024(令和6)年9月
排気量 2200cc(D)
走行距離 4.0万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
フィアット デュカト キャンピング 英国仕様左スライドドア アドリア

フィアット デュカト キャンピング 英国仕様左ス...

車輌本体価格
843 .0 万円
支払総額
849 .8 万円
年式 2017(平成29)年
車検 2025(令和7)年6月
排気量 2300cc(D)
走行距離 6.5万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
フィアット デュカト キャンピング Hobby VANTANA

フィアット デュカト キャンピング Hobby ...

車輌本体価格
798 .0 万円
支払総額
805 .2 万円
年式 2018(平成30)年
車検 2024(令和6)年5月
排気量 2300cc(D)
走行距離 3.2万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
トヨタ ハイエースバン キャンピング トイファクトリーGT ガソリン4WD

トヨタ ハイエースバン キャンピング トイファク...

車輌本体価格
948 .0 万円
支払総額
956 .9 万円
年式 2021(令和3)年
車検 2025(令和7)年9月
排気量 2700cc
走行距離 1.7万km
駆動方式 4WD
燃料 ガソリン
在庫一覧はこちら

買取実績

トイファクトリーGT201269002023-02-12買取実績画像

トイファクトリー GT

他社査定額500万円
当社の買取額560万円
トイファクトリーバーデン2017146002023-04-01買取実績画像

トイファクトリー バーデン

他社査定額720万円
当社の買取額750万円
トイファクトリーバーデン2021129002023-06-01買取実績画像

トイファクトリー バーデン

他社査定額788万円
当社の買取額829万円
トイファクトリートイズボックス4702016529002023-09-01買取実績画像

トイファクトリー トイズボックス470

他社査定額235万円
当社の買取額250万円
トイファクトリーランドティピー2020164002023-10-01買取実績画像

トイファクトリー ランドティピー

他社査定額686万円
当社の買取額722万円
トイファクトリートイズボックス5402021146002023-10-01買取実績画像

トイファクトリー トイズボックス540

他社査定額581万円
当社の買取額612万円
トイファクトリーGT2016291002023-11-02買取実績画像

トイファクトリー GT

他社査定額399万円
当社の買取額420万円
トイファクトリーGT2021167002023-12-23買取実績画像

トイファクトリー GT

他社査定額715万円
当社の買取額755万円
トイファクトリーバレイア202278002024-01-16買取実績画像

トイファクトリー バレイア

他社査定額795万円
当社の買取額820万円
トイファクトリーバーデン2020618002024-01-09買取実績画像

トイファクトリー バーデン

他社査定額513万円
当社の買取額540万円
買取実績はこちら

ハイエースのキャンピングカーの購入で後悔したらどうするべきか?

ハイエースのキャンピングカーの購入で後悔したらどうするべきか?
▲ナッツRV・フォルトナ

ここからは、もし購入してから後悔してしまった場合の対処方法を3つ紹介します。選択肢の参考としてご覧ください。

キャブコンへの乗り換えを検討する

最も多い対処方法で、見た目の問題以外はほぼ解決できます。特にベッドスペースは、キャブコンの場合ホテル並みに快適なモデルもあるため、バンコンとの差は歴然です。さらにバンクベッドはすぐに使えるベッドとして利便性も高く、寝ることに関して不満を抱く方は少ないでしょう。

ボディサイズを気にされる方もいるかもしれませんが、実はキャブコンの方が全長が短い場合が多く、駐車場所に関してはむしろ探しやすくなります。

気をつけたいのが、国内のキャブコンはトラックベースが多い点です。運転感覚で慣れが必要な点は考慮すべきポイントといえます。レンタル車輌が用意されているビルダーもあるため、必要に応じて利用を検討すると、ハイエースベースのバンコンとの違いがより鮮明になるでしょう。

輸入キャンピングカーへの乗り換えを検討する

輸入キャンピングカーの多くがフィアットのデュカトで、いわゆる540と600が人気のサイズです。デュカトはヨーロッパのキャンピングカーベース車輌として、7割のシェアを誇る人気モデルのため、今後のトレンドとなるのは間違いありません。実際にガレージカレントCampでハイエースの査定を申し込まれる方でも、デュカトへの乗り換えを検討されてる方は非常に多いです。

輸入車らしく外観デザインが優れており、キャブコンのような使い勝手のよさも兼ね備えているため、デザインでハイエースを選んでいるユーザーでも十分満足できます。また、2022年に5つの国内ビルダーが正規契約を締結し、アフターサポートも充実しているため安心感がある点も魅力です。

無料査定を申込む

ハイエースのキャンピングカーは、中古車市場でも非常に人気があります。リセールバリューが高いため、一度手放して乗り換えをじっくり考えたり、頭金にしてキャブコンに乗り換えたりする方法もおすすめです。

ガレージカレントCampでは、豊富な買取実績があるため、ハイエースベースのキャンピングカーを正しく査定できます。キャンピングカーは架装部分をはじめ専用の装備が多く、知見がなければ適正に評価できません。

バンコンも各ビルダーの買取や販売を行っているため、キャンピングカーであればどんな車種でも高価買取が可能です。全国どこでも無料で出張査定に対応しているため、相談先に迷った際には、ガレージカレントCampまで一度お問い合わせください。

購入後に後悔しないためにも慎重に検討しよう

ハイエースがベースのキャンピングカーは、入門車として最適なモデルばかりです。リセールバリューも優れているため、最初に購入するキャンピングカーとして決して間違いではないでしょう。

ハイエースは歴史ある素晴らしいクルマですが、キャンピングカーとしての用途や目的を間違えてしまうと後悔につながるかもしれません。対処方法としてキャブコンに乗り換える方法もありますが、まずは現在の価値を確認してからでも決して遅くありません。この機会に、ガレージカレントCampの無料査定へご相談ください。

よくある質問

ここからは、ハイエースのキャンピングカーについてよくある3つの質問に回答していきます。

Q ハイエースのキャンピングカーは車内で立てないと聞きましたが、室内高はだいたい何cmくらいありますか?
ハイエースの室内高は約160cmです。成人男性だと立ったまま移動するのは難しいでしょう。後悔につながる理由の一つでもあるため、詳しくはこちらをご覧ください。
Q ハイエースのキャンピングカーはトイレがないモデルが多いという話を聞きましたが、本当ですか?
本当です。ハイエースベースのバンコンでトイレを装備しているモデルは非常に限られており、仮に付いていたとしても簡易的なポータブルトイレがメインです。トイレが付いていた方がよかったと後悔している方も多く、その理由についてこちらで解説しています。
Q ハイエースのキャンピングカーはリセールバリューが高いと聞きましたが、本当ですか?
本当です。ハイエースベースのキャンピングカーは、中古車市場においても需要があり、リセールバリューも高くなりやすい傾向です。査定のポイントについてこちらで詳しく解説しています。

この記事と同じカテゴリー「お役立ち」の記事

【売却検討者必見】キャンピングカーの買取相場を解説!高...
  • 公開日 2023.11.05
    更新日 2023.11.06
キャンピングカーに求められる4つの構造要件を詳しく解説!...
  • 公開日 2023.10.03
    更新日 2023.10.23
キャンピングカーのおすすめをジャンル別に一挙紹介!モデ...
  • 公開日 2023.10.17
    更新日 2023.10.18
キャンピングカーのベース車をタイプ別に解説!特徴や代表...
  • 公開日 2023.10.10
    更新日 2023.10.10
キャンピングカーのエアロウィンドウは必要か?買取専門店...
  • 公開日 2023.03.27
    更新日 2023.10.05
【バンコン検討者必見】キャンピングカーの車検を専門店が...
  • 公開日 2023.09.28
    更新日 2023.09.28

この記事と同じタグ「#バンコン」が付いている記事

ホワイトハウスのキャンピングカーが評判の理由を解説!高...
  • 公開日 2024.01.26
    更新日 2024.01.26
カトーモーターのキャンピングカーは評判が良い!専門店が...
  • 公開日 2023.12.20
    更新日 2023.12.21
OMCのキャンピングカーが評判の理由とは?専門店が売却の攻...
  • 公開日 2023.11.28
    更新日 2023.12.10
アネックスのキャンピングカーの評判は?高く売るコツや注...
  • 公開日 2023.12.01
    更新日 2023.12.01
バンテックのキャンピングカーは評判が良い?リセールバリ...
  • 公開日 2023.11.16
    更新日 2023.11.28
【売却検討者必見】キャンピングカーの買取相場を解説!高...
  • 公開日 2023.11.05
    更新日 2023.11.06

この記事と同じタグ「#ハイエース」が付いている記事

ホワイトハウスのキャンピングカーが評判の理由を解説!高...
  • 公開日 2024.01.26
    更新日 2024.01.26
セキソーボディのキャンピングカーの評判が高い理由とは?...
  • 公開日 2023.11.10
    更新日 2024.01.18
カトーモーターのキャンピングカーは評判が良い!専門店が...
  • 公開日 2023.12.20
    更新日 2023.12.21
ファンルーチェのキャンピングカーは評判が良い?専門店が...
  • 公開日 2023.12.19
    更新日 2023.12.19
ケイワークスのキャンピングカーは評判が良い?高く売却す...
  • 公開日 2023.12.10
    更新日 2023.12.15
OMCのキャンピングカーが評判の理由とは?専門店が売却の攻...
  • 公開日 2023.11.28
    更新日 2023.12.10

この記事と同じタグ「#エアコン」が付いている記事

キャンピングカーのマッシュは新車越えの人気モデル!特徴...
  • 公開日 2023.08.21
    更新日 2024.01.11
キャンピングカーのサブバッテリーって何?基本から活用ま...
  • 公開日 2023.09.25
    更新日 2023.09.25
キャンピングカーの後付けエアコン費用はいくら?メリット...
  • 公開日 2023.08.29
    更新日 2023.08.29
キャンピングカーにインバーターはあった方がいい?役割と...
  • 公開日 2023.07.10
    更新日 2023.07.10
【バンコン検討者必見】キャンピングカーにつけてよかった...
  • 公開日 2023.03.27
    更新日 2023.03.31
キャンピングカーのダイネットとは?種類・特徴や合わせて...
  • 公開日 2022.07.28
    更新日 2022.11.30

この記事と同じタグ「#買取」が付いている記事

ホワイトハウスのキャンピングカーが評判の理由を解説!高...
  • 公開日 2024.01.26
    更新日 2024.01.26
セキソーボディのキャンピングカーの評判が高い理由とは?...
  • 公開日 2023.11.10
    更新日 2024.01.18
キャンピングカーのマッシュは新車越えの人気モデル!特徴...
  • 公開日 2023.08.21
    更新日 2024.01.11
カトーモーターのキャンピングカーは評判が良い!専門店が...
  • 公開日 2023.12.20
    更新日 2023.12.21
インディアナRVのキャンピングカーが評判の理由を徹底解説...
  • 公開日 2023.12.19
    更新日 2023.12.19
ファンルーチェのキャンピングカーは評判が良い?専門店が...
  • 公開日 2023.12.19
    更新日 2023.12.19

この記事と同じタグ「#トイレ」が付いている記事

OMCのキャンピングカーが評判の理由とは?専門店が売却の攻...
  • 公開日 2023.11.28
    更新日 2023.12.10
キャンピングカーのトイレ問題を解決!汚水の処理方法は?...
  • 公開日 2022.03.18
    更新日 2022.12.07

この記事と同じタグ「#デュカト」が付いている記事

アドリアのキャンピングカーが評判の理由を徹底解説!売却...
  • 公開日 2023.10.31
    更新日 2023.10.31
ナッツRVが手がけるデュカトの2車種を徹底解説!販売の背景...
  • 公開日 2023.05.31
    更新日 2023.10.22
キャンピングカーのおすすめをジャンル別に一挙紹介!モデ...
  • 公開日 2023.10.17
    更新日 2023.10.18
キャンピングカーのベース車をタイプ別に解説!特徴や代表...
  • 公開日 2023.10.10
    更新日 2023.10.10
リビングストーンKJはリセールバリューに優れた1台!理由と...
  • 公開日 2023.07.18
    更新日 2023.09.22
フィアットデュカトのサイズは意外と扱いやすい?ハイエー...
  • 公開日 2023.09.19
    更新日 2023.09.19

この記事と同じタグ「#カムロード」が付いている記事

ファンルーチェのキャンピングカーは評判が良い?専門店が...
  • 公開日 2023.12.19
    更新日 2023.12.19
アネックスのキャンピングカーの評判は?高く売るコツや注...
  • 公開日 2023.12.01
    更新日 2023.12.01
キャンパー厚木のキャンピングカーは評判が高い!さらに高...
  • 公開日 2023.11.26
    更新日 2023.11.28
キャンピングカーのベース車をタイプ別に解説!特徴や代表...
  • 公開日 2023.10.10
    更新日 2023.10.10
Puppyシリーズの2人旅仕様「Puppy Fullhouse」のリセールバ...
  • 公開日 2023.01.11
    更新日 2023.09.22
東和モータースのリセールバリューに注目!売却前に知って...
  • 公開日 2023.02.24
    更新日 2023.09.22

この記事と同じタグ「#リセールバリュー」が付いている記事

ホワイトハウスのキャンピングカーが評判の理由を解説!高...
  • 公開日 2024.01.26
    更新日 2024.01.26
セキソーボディのキャンピングカーの評判が高い理由とは?...
  • 公開日 2023.11.10
    更新日 2024.01.18
キャンピングカーのマッシュは新車越えの人気モデル!特徴...
  • 公開日 2023.08.21
    更新日 2024.01.11
カトーモーターのキャンピングカーは評判が良い!専門店が...
  • 公開日 2023.12.20
    更新日 2023.12.21
インディアナRVのキャンピングカーが評判の理由を徹底解説...
  • 公開日 2023.12.19
    更新日 2023.12.19
ファンルーチェのキャンピングカーは評判が良い?専門店が...
  • 公開日 2023.12.19
    更新日 2023.12.19

キャンピングカーのことなら にお任せください!

キャンピングカーのことならにお任せください!

購入はこちら 売却はこちら