オートキャンプ場の車中泊禁止は本当?必須マナーと合わせて解説

公開日 2022.12.28
更新日 2022.12.28
オートキャンプ場の車中泊禁止は本当?必須マナーと合わせて解説

キャンピングカーをレンタルして、車中泊を兼ねた旅行の計画をしていませんか?車中泊はテントの設営が不要のため、気軽にアウトドアを満喫できる方法として人気です。ところが、情報を集めていくと、オートキャンプ場での車中泊禁止の話もちらほらと見聞きする機会があり、不安に感じている方もいるでしょう。実際にオートキャンプ場で、車中泊を禁止にしている施設はあります。また、利用する上で知らなかったでは済まされないマナーもあるのです。この記事では、オートキャンプ場で車中泊する際に守るべきマナーをお伝えします。オートキャンプ場の基本情報も紹介し、快適な車中泊旅行を実現するための具体的なイメージが持てるようになります。ぜひ最後までご覧ください。

オートキャンプ場とは?

オートキャンプ場とは?
▲画像はイメージです

オートキャンプ場は、その名の通りクルマが乗り入れできるキャンプ場です。キャンピングカーに荷物を乗せたまま駐車スペースまで移動できるため、荷物の出し入れや移動の手間が省けるメリットもあり、初心者キャンパーはもちろん、家族づれにも人気のエリアとなっています。実際にどのような設備があるのか、そしてよく比較されるRVパークとの違いについて解説します。

オートキャンプ場の設備

オートキャンプ場の設備は、初キャンプでも安心して利用できるほど充実しています。よくある設備の例として、次のようなものが挙げられます。

・電源設備
・シャワー
・トイレ
・ゴミステーション
・売店

そのほかにも、施設によっては温泉や寝具、キッチンなど宿泊施設にも見劣りしない設備を持っているところもあります。また、初めてのキャンプでテント設営に不安がある方に嬉しい、常設テントやコテージ、バンガローが併設されている施設も少なくありません。どのような設備が整っているのか、出発前に施設情報を確認・予約しておくと安心です。

RVパークとの違いとは?

1番の違いは利用対象者です。オートキャンプ場は、クルマで乗り入れてキャンプを楽しみたい方に向けた場所です。一方のRVパークは、車中泊を目的とした方専用に作られた場所であり、キャンプ場ではありません。オートキャンプ場よりも利用スペースが限られている場合が多く、バーベキューや焚き火などの火気は厳禁です。そのため、RVパークは車中泊ができる、少し広めのコインパーキングと考えておくと、線引きがしやすいでしょう。

オートキャンプ場なのに車中泊禁止!?

オートキャンプ場はキャンプ場の一種ですが、すべての場所で車中泊ができるわけではありません。その理由としては、近年車中泊仕様のクルマが多くなり、比例して初めてアウトドアを楽しむ方も増えてきたことが挙げられます。そのため、オートキャンプ場には快適に利用するためのルールが設けられています。

ところが、初めてキャンプをするためにルールが十分わからないまま利用する方や、ルールがわかっていても守らない方がいるために、思わぬトラブルに発展するケースも増えているのが実態です。ルールを守りながら楽しんでいる利用者からのクレームの原因となり、管理者側としては迷惑行為をなくすために、車中泊を禁止する施設も出てきています。車中泊を伴うオートキャンプ場の利用を計画する場合には、事前に車中泊が可能かどうかと合わせて、利用上のルールを確認しておきましょう。

販売車輌

フィアット デュカト キャンピング Hobby VANTANA

フィアット デュカト キャンピング Hobby ...

車輌本体価格
778 .0 万円
支払総額
785 .2 万円
年式 2018(平成30)年
車検 2年付き
排気量 2300cc
走行距離 3.2万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
FOCS ディパーチャー ガソリン 6速AT 2WD

FOCS ディパーチャー ガソリン 6速AT 2...

車輌本体価格
580 .0 万円
支払総額
588 .8 万円
年式 2022(令和4)年
車検 2年付き
排気量 2700cc
走行距離 1.3万km
駆動方式 2WD
燃料 ガソリン
ホワイトハウス コンパスビッツ ポップアップルーフ ガソリン 6速AT 2WD

ホワイトハウス コンパスビッツ ポップアップルー...

車輌本体価格
478 .0 万円
支払総額
485 .8 万円
年式 2017(平成29)年
車検 2年付き
排気量 2000cc
走行距離 5.2万km
駆動方式 2WD
燃料 ガソリン
トイファクトリー バレイア ガソリン 6速AT 4WD

トイファクトリー バレイア ガソリン 6速AT ...

車輌本体価格
938 .0 万円
支払総額
947 .0 万円
年式 2022(令和4)年
車検 2年付き
排気量 2700cc
走行距離 0.8万km
駆動方式 4WD
燃料 ガソリン
トイファクトリー バーデン ガソリン 6速AT 2WD

トイファクトリー バーデン ガソリン 6速AT ...

車輌本体価格
678 .0 万円
支払総額
692 .3 万円
年式 2020(令和2)年
車検 2年付き
排気量 2700cc
走行距離 6.3万km
駆動方式 2WD
燃料 ガソリン
OMC 銀河 ガソリン 6速AT 2WD 常設2段ベッド

OMC 銀河 ガソリン 6速AT 2WD 常設2...

車輌本体価格
550 .0 万円
支払総額
560 .4 万円
年式 2017(平成29)年
車検 2年付き
排気量 2700cc
走行距離 3万km
駆動方式 2WD
燃料 ガソリン
Carado T138 ディーゼル 6速AT 2WD 家庭用エアコン

Carado T138 ディーゼル 6速AT 2...

車輌本体価格
650 .0 万円
支払総額
658 .6 万円
年式 2014(平成26)年
車検 2年付き
排気量 2300cc
走行距離 7.9万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
ローラーチーム リビングストーンKJ ディーゼル 9速AT 2WD リアシャワー

ローラーチーム リビングストーンKJ ディーゼル...

車輌本体価格
1,010 .0 万円
支払総額
1,020 .4 万円
年式 2020(令和2)年
車検 2年付き
排気量 2300cc
走行距離 1.2万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
トイファクトリー アルコーバ ガソリン  6速AT 2WD  家庭用エアコン

トイファクトリー アルコーバ ガソリン  6速A...

車輌本体価格
950 .0 万円
支払総額
958 .7 万円
年式 2019(令和1)年
車検 2年付き
排気量 2700cc
走行距離 1.9万km
駆動方式 2WD
燃料 ガソリン
トイファクトリー GT ガソリン 6速AT 2WD エアロソーラー

トイファクトリー GT ガソリン 6速AT 2W...

車輌本体価格
650 .0 万円
支払総額
658 .7 万円
年式 2014(平成26)年
車検 2年付き
排気量 2700cc
走行距離 5.8万km
駆動方式 2WD
燃料 ガソリン
セキソーボディ TOM200 ガソリン 4速AT 2WD FFヒーター

セキソーボディ TOM200 ガソリン 4速AT...

車輌本体価格
598 .0 万円
支払総額
605 .9 万円
年式 2013(平成25)年
車検 2年付き
排気量 2000cc
走行距離 2.2万km
駆動方式 2WD
燃料 ガソリン
アドリア ツイン 540SPT ディーゼル 6速AT 2WD 燃料式FFヒーター

アドリア ツイン 540SPT ディーゼル 6速...

車輌本体価格
899 .0 万円
支払総額
907 .3 万円
年式 2018(平成30)年
車検 2年付き
排気量 2300cc
走行距離 2.6万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
GW休暇のご案内

GW休暇のご案内...

車輌本体価格
0 .0 万円
支払総額
0 .0 万円
年式 2024(令和6)年
車検 2年付き
排気量 0cc
走行距離 0万km
駆動方式 2WD
燃料 ガソリン
ハイマーカー グランドキャニオン ディーゼル 6速AT 2WD ポップアップルーフ

ハイマーカー グランドキャニオン ディーゼル 6...

車輌本体価格
899 .0 万円
支払総額
907 .4 万円
年式 2015(平成27)年
車検 2年付き
排気量 3000cc
走行距離 3.9万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
甲和オートサービス オールインリミテッドⅢ ディーゼル 6速AT 2WD 家庭用エアコン

甲和オートサービス オールインリミテッドⅢ ディ...

車輌本体価格
799 .0 万円
支払総額
807 .3 万円
年式 2023(令和5)年
車検 2年付き
排気量 2800cc
走行距離 0.15万km
駆動方式 2WD
燃料 軽油
OMC 北斗 対座モデル ガソリン 6速AT 2WD 12Vクーラー

OMC 北斗 対座モデル ガソリン 6速AT 2...

車輌本体価格
780 .0 万円
支払総額
790 .5 万円
年式 2022(令和4)年
車検 2年付き
排気量 2700cc
走行距離 2.4万km
駆動方式 2WD
燃料 ガソリン
在庫一覧はこちら

買取実績

オーエムシー北斗2021249002024-03-17買取実績画像

オーエムシー 北斗

他社査定額430万円
当社の買取額450万円
バンテックZiLシリーズ2021113002024-02-25買取実績画像

バンテック ZiLシリーズ

他社査定額760万円
当社の買取額800万円
AtoZアレンシリーズ2019217002024-02-24買取実績画像

AtoZ アレンシリーズ

他社査定額285万円
当社の買取額300万円
MYSミスティックMini POP Bee20231002024-02-19買取実績画像

MYSミスティック Mini POP Bee

他社査定額190万円
当社の買取額200万円
日産ピーズフィールドクラフトクラフトキャンパーT-72022213002024-02-17買取実績画像

日産ピーズフィールドクラフト クラフトキャンパーT-7

他社査定額364万円
当社の買取額383万円
トイファクトリーバーデン202277002024-02-16買取実績画像

トイファクトリー バーデン

他社査定額740万円
当社の買取額780万円
オーエムシーナロー銀河2022150002024-02-03買取実績画像

オーエムシー ナロー銀河

他社査定額450万円
当社の買取額470万円
ナッツRVクレア&ステイング2020219002024-02-01買取実績画像

ナッツRV クレア&ステイング

他社査定額665万円
当社の買取額700万円
AtoZアレンシリーズ2018416002024-01-29買取実績画像

AtoZ アレンシリーズ

他社査定額266万円
当社の買取額280万円
セキソーボディトム200シリーズ20101426002024-01-24買取実績画像

セキソーボディ トム200シリーズ

他社査定額198万円
当社の買取額208万円
買取実績はこちら

オートキャンプ場で守るべきマナー8選

オートキャンプ場で守るべきマナー8選
▲画像はイメージです

ここからは、オートキャンプ場を利用する上で守るべき8つのマナーをお伝えします。知らぬまま訪れて現地で周りから白い目で見られないためにも、1つずつ確認してください。

キャンプ場内は徐行で走行する

オートキャンプ場は、クルマに乗ったまま自分のサイトまで移動できます。利用者には家族づれも多く、子どもが飛び出す可能性があるため、最徐行で走行しましょう。キャンプ場は非日常感があって開放的になりやすく、安全な場所と思っている方もいるため、人の移動が多い点に注意が必要です。また、場所によってはクルマの走行で砂ぼこりが舞ってしまうところもあります。周りの利用者が不快にならないように、配慮しましょう。

なるべくエンジンをかけない

オートキャンプ場のアイドリングはマナー違反です。エンジン音が響くだけではなく、排ガスの臭いも自分が思っている以上に漂ってしまいます。また、一酸化炭素中毒のリスクもあるため、車内のエアコンで暑さや寒さ対策ができるとは考えない方がいいです。もし、気温や天候が不安な場合には、エンジンをかけずに過ごせる車中泊アイテムを用意するか、空調設備が整った施設を探す方が快適な旅行になりやすいでしょう。

話し声の音量に気をつける

オートキャンプ場は、自分達のスペースが区切られているため、プライベート空間が保たれているように認識してしまうものです。すると、つい話が盛り上がり、自然と声も大きくなってしまいます。しかも自分達では気づきにくいため注意が必要です。オートキャンプ場では、車中泊目的の方だけではなく、テント泊が目的の方もいるため、ホテルやペンションなどの壁がある施設よりも声量には配慮しましょう。なお、消灯時間が決まっているオートキャンプ場が多いため、利用前に確認し、前もって準備しておくと余裕を持った対応ができます。

ドアの開閉音に気をつける

話し声に通じる部分ですが、ドアの開閉音も周りには響くため注意が必要です。夜になると周りが静まるため、より他人が発する音には敏感になります。クルマの出入りは、荷物の出し入れやトイレ利用時など、思っているよりも多くなる傾向があります。そのため、普段よりも優しいドアの開け閉めや、回数自体を減らせるような心がけが大切といえるでしょう。

隣人サイトに侵入しない

オートキャンプ場は、利用者ごとに使えるスペースが限られています。特に、クルマが大きなスペースを占有するため、テントやタープ、テーブルセットなどの配置に苦労する場合もあるかもしれません。外だからいいかと、無作為に設置してしまうと隣の方のサイトに入ってしまう可能性も考えられます。思わぬトラブルに繋がるリスクを減らすため、自分達のエリアに目印をつけるなど、対策しておきましょう。

火の取り扱いに気をつける

キャンプの醍醐味として、バーベキューや焚き火を計画する方も多いでしょう。しかし、火の取り扱いについては十分注意が必要です。特に、焚き火については火事のリスクが伴うため、夜間放置したままにはせず、使い終わったら必ず消火してください。また、焚き火自体を禁止にしている場合もあるため、ルールに従った利用を心がけましょう。

ヘッドライトを作業灯代わりに使わない

ヘッドライトで周りを照らすのは、迷惑行為とされている「光害」に該当します。ヘッドライトは、安全面を考慮して、ロービームでは40メートル、ハイビームでは100メートル先まで届くように設計されています。作業をするために手元が見えづらいからといって、ヘッドライトを点けるのは周囲に大きな迷惑がかかります。どうしても必要なとき以外はヘッドライトを使わないようにしましょう。なお、比較的新しい車種だと、オートライトが標準装備されている場合があります。自分の意図しないところでヘッドライトが点いてしまう可能性があるため、レンタカーなど自分のクルマとは違うクルマを扱う際には、特に注意しましょう。

ルールに従ってゴミを処理する

車中泊では、料理の際に出る包装パッケージや、食材の切れ端、紙皿などさまざまなゴミが出ます。そこで気をつけたいのが、車中泊や旅行中にでたゴミは、基本的に生活ゴミと同じ扱いになる点です。たとえゴミ箱に捨てたとしても、本来は持ち帰るゴミのため不法投棄に該当する可能性があります。もともとオートキャンプ場に設置されているゴミ箱は、生活ゴミを廃棄する想定で設置されていません。指定されたゴミ袋を購入できる施設もあるので、その場合はルールに従って活用しましょう。

https://www.campcar-lab.com/kaitori/

まとめ

オートキャンプ場は、キャンプが初めての方や不慣れな方でも利用しやすいように、豊富な設備が整ったキャンプ場です。中には車中泊を目的に準備を進める方も多いでしょう。しかし、全てのオートキャンプ場で車中泊ができるわけではありません。また、車中泊ができる施設であっても利用する上で守らなければならないルールが設けられているのが一般的です。あなた自身はもちろん、同行者の方にも知ってもらい、楽しい思い出作りができるようにしましょう。

よくある質問

ここでは、オートキャンプ場の利用を検討している方からよくある質問をまとめています。ぜひ参考にしてください。

Q オートキャンプ場とはどんな場所ですか?
オートキャンプ場は、クルマの乗り入れが可能なキャンプ場です。設備が豊富に揃っており、キャンプ初心者の方でも利用しやすい設備です。詳しくはこちらをご覧ください。
Q 車中泊できないオートキャンプ場があるのはなぜですか?
昨今、軽キャンやバンコンなど車中泊仕様のクルマが充実し、オートキャンプ場を利用する方も増えてきました。利用者の増加に伴いマナーが守られない事例も多発していることから、車中泊を禁止する施設が出てきています。詳しい内容についてはこちらをご覧ください。
Q オートキャンプ場で守るべきマナーは何ですか?
オートキャンプ場で守るべきマナーは大きく分けて8つあります。どれも利用する上で大切な内容となるため、事前の確認が必須といえます。具体的な内容についてはこちらをご覧ください。

この記事と同じカテゴリー「お役立ち」の記事

【バンコン検討者必見】キャンピングカーの車検を専門店が...
  • 公開日 2023.09.28
    更新日 2024.04.26
ハイエースのキャンピングカーで後悔する5つの理由とは?対...
  • 公開日 2023.08.15
    更新日 2023.11.30
【売却検討者必見】キャンピングカーの買取相場を解説!高...
  • 公開日 2023.11.05
    更新日 2023.11.06
キャンピングカーに求められる4つの構造要件を詳しく解説!...
  • 公開日 2023.10.03
    更新日 2023.10.23
キャンピングカーのおすすめをジャンル別に一挙紹介!モデ...
  • 公開日 2023.10.17
    更新日 2023.10.18
キャンピングカーのベース車をタイプ別に解説!特徴や代表...
  • 公開日 2023.10.10
    更新日 2023.10.10

この記事と同じタグ「#オートキャンプ場」が付いている記事

RVパークは非会員でも利用できる?サービス内容や会員・非...
  • 公開日 2023.11.16
    更新日 2023.11.17
キャンピングカーは4WDが必須?2WDとの違いやメリット・デ...
  • 公開日 2023.09.11
    更新日 2023.09.11
これから始める方必見!バンライフのメリット・デメリット...
  • 公開日 2023.04.24
    更新日 2023.04.24
出発の前に!覚えておきたい車中泊のマナー
  • 公開日 2022.07.29
    更新日 2022.11.30
日よけや雨よけになるキャンピングカーのサイドオーニング...
  • 公開日 2022.06.16
    更新日 2022.11.25
キャンピングカーで車中泊できる場所はどこ?車中泊すると...
  • 公開日 2022.03.25
    更新日 2022.11.17

この記事と同じタグ「#車中泊」が付いている記事

キャンピングカーの駐車場事情を徹底解説!利用施設や解決...
  • 公開日 2023.09.04
    更新日 2023.09.04
ハイエースのナローハイルーフはこれからリセールバリュー...
  • 公開日 2023.08.04
    更新日 2023.08.06
キャンピングカーに電子レンジは必要?設置のメリットと注...
  • 公開日 2023.04.26
    更新日 2023.04.26
これから始める方必見!バンライフのメリット・デメリット...
  • 公開日 2023.04.24
    更新日 2023.04.24
【初心者必見】車中泊で有効な防犯対策とグッズを徹底解説
  • 公開日 2023.04.10
    更新日 2023.04.24
RVパークを利用する上で外せない!知っておくべきマナー6選...
  • 公開日 2023.01.13
    更新日 2023.01.13

この記事と同じタグ「#旅行」が付いている記事

【初心者必見】車中泊で有効な防犯対策とグッズを徹底解説
  • 公開日 2023.04.10
    更新日 2023.04.24
道の駅で車中泊はできない!?旅行者が知るべきマナーを徹...
  • 公開日 2022.09.13
    更新日 2022.12.08
愛犬との旅行にはキャンピングカーが最強?注意事項を解説
  • 公開日 2022.08.29
    更新日 2022.12.02
出発の前に!覚えておきたい車中泊のマナー
  • 公開日 2022.07.29
    更新日 2022.11.30
キャンピングカーで車中泊できる場所はどこ?車中泊すると...
  • 公開日 2022.03.25
    更新日 2022.11.17

キャンピングカーのことなら にお任せください!

キャンピングカーのことならにお任せください!

購入はこちら 売却はこちら